スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>相性の良い台を打つ

今回の記事のタイトルは、「相性の良い台を打つ」です。


このテーマは、ビギナーズラックと重なるところもありますが、この前、この台で当たったから、今日もこの台を打とう。パチンコ初心者でありがちな行動となります。


これも根拠があれば、別に問題はありません。勝ったことのある機種の方が気分良く打てますし、精神的に追いつめられる可能性も少なくなりますので、実戦を優位に進めることができる可能性があります。


しかし、初心者が陥りやすい行動は、あきらかに回っていない台をこの台は当たれば、出玉がたくさん出るからとりあえず当たるまで打とうという感じがほとんどです。この行動により、せっかく勝っていたのに、数日後にはマイナス収支となってしまうのです。


パチンコで勝つ方法の根拠に則って実戦を行えば、この行動に出ることを防ぐことができます。


回転率を気にしながら打つ

各貸し玉の単位ごとに回転率を簡易的に計りながら打つことにより、釘が読めなくても、被害を最小限にとどめることができます。


実戦データをとる

あきらかに調整が悪くなっている場合、数字的に打ってはいけないデータとなります。


釘を読んで台を選択する

釘の読み方に従って、台を選択できるようになると、いくら相性の良い台であっても、打つ前に踏みとどまることができるようになります。


相性の良い台を打つことは悪いことではありませんが、打つ前に一度落ち着いて、今日打つべき台なのか見極めてから打つようにしましょう。



次の記事へ
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2013.10.25 Fri l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿