スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>CRぱちんこ冬のソナタFinal 甘デジ

今回は、新台「CRぱちんこ冬のソナタ Final Sweet Kiss Version」の30日シミュレート結果をご紹介します。
冬ソナFinal 甘デジ
(C)KBS Media/PAn Ent.
(C)アニメ「冬のソナタ」製作委員会

[京楽産業]


この新台は、CRぱちんこ冬のソナタFinalの甘デジスペックです。メーカーは「京楽産業.」です。

この機種は、確変突入率58%と控えめな継続率ではありますが、電サポ中の当たりが、すべて出玉ありの当たりとなっており、安定的に出玉を稼ぎやすいタイプとなっています。

前作の冬ソナ2では、電サポ中も2R確変がありましたが、今回はこの当たりがない点がプラスに働いています。しかし、継続率は控えめの為、トータル的には似たようなスペックとなります。


1円パチンコ等価交換
250玉あたり20回転の台
5Rの出玉:440個
総回転2500回転、実戦時間8.5時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

CRぱちんこ冬のソナタFinal 甘デジ 30日 1円 20回転
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[19回転の場合][18回転の場合]

88,610円のプラスです。(期待収支:約133,610円)

期待収支には届かなかったものの、大敗も少なく、トータル的には良い結果となりました。

20回転あれば、十分勝負になりそうです。今回も京楽ならではの甘めのスペックとなっています。このメーカーの機種は20回転が一つのポイントとなります。これを下回る回転率になると、途端に収支が不安定となります。

あと、今回の冬ソナは、電チューの賞球が2個となっています。このタイプの機種は、止め打ちをして消化することが必須となります。止め打ちをしないと確実に出玉が減ってしまいます。

止め打ちの手順は、基本的にミドルスペックと同等の方法が利用可能です。ただし、左側のランプ点灯時の1種類だけ、2回の長めの開放に変更されています。

止め打ちが出来ない調整の場合は、20回転でも収支が不安定となりますので、その辺にも注意して立ち回るようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
おすすめの甘デジ
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ
新台シミュレートをご覧の方へ

オススメリンク
CRぱちんこ冬のソナタFinal プロモーションビデオ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:京楽・オッケー


2013.11.09 Sat l 京楽・オッケー l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿