スポンサーリンク
ブログ内検索
今回は、パチンコの止め時について説明します。


1.等価交換または貯玉再プレイ無料の場合
 閉店1時間半前がおすすめです。その理由は確変取りこぼしを避ける為です。できる限り持ち玉で粘るのがパチンコで勝つ為にはとても重要ですが、パチンコでどうにもならないのが、です。取りこぼした当たりを取り返すことは難しいことです。

 ですから、その危険を避けるために、閉店1時間半前には止めるようにしましょう。消化スピードが速い機種は1時間前でも良いですが、危険を避けるためには1時間半前をおすすめします。


2.等価交換以外で現金投資中の場合
 閉店3時間半前には止めましょう。等価交換以外の場合、残り時間が少ない状態で、交換手数料を含め、プラス収支にするのはとても難しい状態となります。その日の勝ちにこだわり過ぎて向きにならず、冷静に行動するようにしましょう。


3.短時間しか時間がない場合
 この場合は打たないのが正解なのですが、貯玉再プレイ無料の場合であれば、短時間での実戦も可能です。ただし、止めるときは全て貯玉することが前提となります。好きな時間だけ打って貯玉するようにしましょう。

 しかし、残念ながら台の釘調整は、一定ではありません。回る場合は、できる限り長い時間打つようにしましょう。



ここまでの説明で、等価交換が有利のように思えますが、これだけ打ち手有利の条件の為、釘調整が悪い(回らない)お店が目立ちます。初心者はできるだけ、低交換のお店で貯玉再プレイが可能なお店での実戦をおすすめします。
 


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに へのリンク


2013.02.06 Wed l 限定公開 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿