スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>CRヱヴァンゲリヲン8 Premium Battle 甘デジ

今回は、新台「CRヱヴァンゲリヲン8 Y」の30日シミュレート結果をご紹介します。
ヱヴァンゲリヲン8 甘デジ
(C)カラー
[ビスティ]


この新台は、CRヱヴァンゲリヲン8の甘デジスペックです。メーカーは「ビスティ」です。

この機種は、確変突入率が60%と控えめな継続率ではありますが、通常大当たり後に必ず、時短が40回転付くスペックとなっています。

ゲーム性は、ミドルスペックと同じく、確変ループ機となります。演出はバトル演出となっていますが、敗北後にも出玉があるタイプとなります。この機種は以下の特徴があります。

◆メリット
・バトル敗北後にも出玉がある。
・通常大当たり後に必ず時短が40回転付く。(初当たりが通常大当たりでも期待が持てる)
・電チュー入賞時の大当たりはすべて出玉ありの大当たりとなる。
・電チュー入賞時の大当たりは、8R(約540個)の大当たり振り分けが多く、十分な出玉力がある。

◆デメリット
・ヘソ入賞時の大当たりは、4R大当たりしかなく、約270個しか出玉が得られない。
・電チュー入賞時とヘソ入賞時の大当たり出玉の差が激しく、展開が荒れやすい。


今回のこのスペックは、同機種のミドルスペックのミニマム版といった感じとなります。ミドルスペックの波の荒さに比べれば、遊びやすいスペックとなります。


1円パチンコ等価交換
250玉あたり22.5回転の台
4R:270個
総回転2500回転、実戦時間8時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

ヱヴァンゲリヲン8 甘デジ 30日
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[21回転の場合][20回転の場合]

収支は122,749円のプラスです。(期待収支:約106,552円)

今回は多少回る台でシミュレートしてみました。その結果、かなり良い結果となりました。

22.5回転あれば、十分勝負になりそうです。出玉の調整次第では、あと1回転少なくても、勝負になりそうです。

甘デジでこれだけ回れば、安定した結果を残すことができます。しかし、これだけの結果が出ていても、勝率は約63%となっています。負ける日があっても、1日1日地道に打つことが大切となります。

また、この台も最近おなじみになりました。電チュー賞球が2個となっています。電チュー、スルーの調整が悪いと電サポ中に出玉を大きく削られてしまいます。この点に注意して、立ち回るようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ
新台シミュレートをご覧の方へ

オススメリンク
CRヱヴァンゲリヲン8 プロモーションビデオ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:SANKYO・ビスティ


2014.01.03 Fri l SANKYO・ビスティ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿