スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>C海物語アクア

今回は、新台「CR海物語アクア MLB」の30日シミュレート結果をご紹介します。
海物語アクア スペック
[SANYO]


この新台は、海物語シリーズ最新作。スペックはミドルです。メーカーは「SANYO」です。

この機種は、ST突入率100%のST100回転となっています。海シリーズならではの潜伏確変もなく、当たれば必ず電サポありSTへ突入出来ます。また、今回はST中、大当たり中は右打ち消化となっています。その他の特徴は以下の通りとなります。

◆特徴
・通常時から8個保留で、今までよりスピーディに遊技できる。
・ヘソ、電チューの振り分けに大きな出玉の差がある。(16R:ヘソ 28.5%、電チュー:54%)
・上記振り分けの差がありますが、8個保留により、通常時から約41.25%の確率で16Rを引ける可能性がある。
・ST継続率は77%あり、十分な出玉力がある。

スペックを見ると良い面もありますが、いかに16Rを多く引けるかが鍵となります。よって、最近の台特有の出玉の多い当たりと少ない当たりの偏りが激しいタイプとなりますので、波の荒いタイプとなります。


1円パチンコ等価交換
250玉あたり22.5回転の台
16Rの出玉:1,710個
総回転2500回転、実戦時間7.5時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

海物語アクア 30日 1円
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[23回転の場合][21回転の場合]

収支は69,496円のプラスです。(期待収支:約113,371円)

期待収支には届かなかったものの、まずまずの結果となりました。22.5回転あれば、勝負になりそうです。

しかし、収支の波は予想通り、下は-16,143円~上は24,583円とかなり荒い結果となっています。また勝率は約56%となりました。この台もマックススペック同様、結果を急がず、地道に立ち回ることが大切となります。

今回のこの機種も、最近おなじみの電チュー賞球2個のタイプとなります。ロングSTタイプの為、スルーと電チューの調整が悪いと大幅に出玉を削られてしまいます。必ず、右側の調整を確認してから打つようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ
新台シミュレートをご覧の方へ

オススメリンク
CR海物語アクア プロモーションビデオ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:三洋・SanThree


2014.01.28 Tue l 三洋・SanThree l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿