スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>パチンコで負ける理由

今回は、パチンコで負ける理由について、説明します。

負ける理由は、パチンコを打っていると、さまざまな事象が発生し、それに振り回され、勝つ為の理論、ルールを守ることを忘れ、運任せで台を選ぶ行動に出てしまう為、結果的に負けてしまうことが起きます。

以下のことが打っていると発生すると思われます。
・朝一からハマリ続け、回る台を捨ててしまう。
・単発、2連荘などが続いて玉が一向に増えないので、回る台を捨ててしまう。
確変、時短中に玉が大幅に減るのに、そこそこ回るから打ち続けてしまう。
・持ち玉遊戯中なのに、玉が十分に出たので、まだ打てる時間があるのに、貯玉せずに止めてしまう。
・ハマリを避けたい為に、オカルト攻略を参考にして、○○回転~○○回転の間の台を探して打つ。
オカルト攻略その2、デモ画面を出してから打ち出しを開始し、アツイ演出が出たらしばらく打つ。


ハマリ

パチンコでは避けて通ることができません。ハマってきたら台を変えて打つスタイルの人は、自分はそこまでハマってないと思っているかもしれませんが、一台一台、全て実戦データをつけていれば、台を変えてもハマルときはハマリ続けることが確認できます。面倒でもデータをつけるようにしましょう。


回る台

パチンコで勝つ為には基本中の基本のことですが、当たらないとイライラして、捨ててしまうことがあります。これが理論に反する行為となります。ただし、実戦できる時間が残りわずかで、当たりの取りこぼし等が発生する時間になっている場合は、回る台でも捨てることは正解となります。


確変、時短中

ここがボーダー理論の落とし穴となる部分になります。回っている台なのに負ける原因となる部分。玉減りです。 ボーダー理論は、回っている台で、かつ台のスペック通りの大当たり出玉が採れていることが前提となります。玉が減っている場合は、実戦途中で計算して、どのくらいの回転数になるか理論的に判断し、継続するか否かを判断する必要があります。


持ち玉遊戯(貯玉)

この状態は、等価交換と同じ条件で打てる有利な状態となります。極端に回らなくなって止めるならOKですが、回っているのに今の状況に満足して止めてしまうと、勝ちを増やすチャンスを見す見す逃すこととなります。できるだけ打ち続けるようにしましょう。

 
オカルト攻略

簡単で、苦痛を伴わず、当たったらラッキーと思う事柄の為、この手の攻略情報はなくなりません。また、根拠がない為、お店にとったら好都合のものとなります。これらを信じ続ける限り、勝つことは難しいです。


要は、パチンコに負けている人は、勝つ理論をわかっていないか、わかっていても守れない人となります。そうなると、数回勝っても、結果マイナス収支になってしまうわけです。対して、勝つ理論通りに、考えを曲げずに実行する人は、負ける日があっても、結果プラス収支となるのです。


パチンコで勝つ為には、面倒なことを当たり前に実行し、精神的に追い込まれても、勝つ為の理論を曲げずに実行することが必要となります。理論通りに立ち回っても負ける日もありますが、長期的には必ずプラス収支に向かっていきます。

いやいや負ける理由は店にある
と思う人は大勢居るかと思います。しかし、お店のやっていることを気にしても、パチンコは攻略できません。とりあえず、自分自身で改善できることを全てやってみてください。

完璧に実践しようとすると、パチンコが楽しくなくなるかもしれません。ただ、結果が徐々についてくるとまた違った楽しさが見えてきます。ひとつひとつ確認しながら実戦を行うようにしましょう。



次の記事へ
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2013.02.11 Mon l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿