スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>CR超シャカRUSH ライトミドル

今回は、新台「CR超シャカRUSH GL1」の30日シミュレート結果をご紹介します。
CR超シャカRUSH スペック
[マルホン]


この新台は、シャカRUSHシリーズの最新作(2014)です。スペックはライトミドルです。メーカーは「マルホン」です。ほか、マックススペックも同時導入されます。


この機種は、ST突入率100%のST108回転となっています。今回は潜伏確変もなく、大当たり後は、必ず電サポありSTへ突入出来ます。その他の特徴は以下の通りとなります。

◆特徴
・ST継続率は、約72%、ST中は45%が16Rと十分な出玉力がある。
・ヘソと電チューで出玉の差はありますが、ヘソ(16R:1210個:40%)、電チュー(16R:1660個:45%)と、最近の台にしては極端な差がない。
・ヘソ、電チュー共に15%の出玉なし当たりがある。

潜伏確変がない為、比較的安心に打てる台ではありますが、ヘソ、電チュー共に、出玉が多い当たりと少ない当たりの差が激しいタイプとなります。

また、常に大当たり後に電サポありSTへ突入する為、電サポ率が高い機種となります。スペック的にはやや甘めのスペックとなります。


1円パチンコ等価交換
250玉あたり21.25回転の台
16Rの出玉:1,660個
総回転2500回転、実戦時間8時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

超シャカRUSH 30日 1円 21.25回転
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[20回転の場合][19回転の場合]

収支は150,629円のプラスです。(期待収支:約91,335円)

期待収支を超える、かなりよい結果となりました。21.25回転あれば、勝負になりそうです。

しかし、収支の波は、下は-10,039円~上は32,003円とかなり荒い結果となっています。また勝率は約66%となりました。

大当たり確率は、ライトミドルスペックではありますが、かなりの爆発力があります。その反面、負けるときも大きく負けてしまう波の荒い機種となります。収支が悪い日があっても、地道に打つことが大切となります。

また、今回のこの機種は、大当たり後に必ず、108回転のSTへ突入するタイプの為、スルーと電チュー周りの調整が最重要となります。ここの調整が悪いと、出玉を大きく削られてしまいます。打つ前に必ず確認するようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ
新台シミュレートをご覧の方へ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:マルホン


2014.02.16 Sun l マルホン l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿