スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>完全確率

現在、お店で稼働しているパチンコ台は、毎回転、完全確率で抽選されています。


完全確率とは、常に同じ確率で抽選を続けるということになります。回せば回すほど当たりやすくはなるわけではありません。ですから、1,000回転、2,000回転嵌っている台がある訳です。


しかし、長期的に見れば、多少の誤差はありますが、台のスペック、例えば1/100の台であれば、その確率(100回転に1回)に近い回転毎に大当たりを得ることができます。これを確率の収束といいます。これは数学的にも証明されており、私の過去の実戦データを集計してもそのような結果になっています。


パチンコの抽選は、100面体以上のサイコロをスタートチャッカーに玉が入るたびに毎回振って、当たりの目が出たら大当たり、外れたら次の変動へとを繰り返しています。パチスロのように天井やゲーム数解除などの仕組みがない為、当たらなければ、何回転でも嵌り続けます。


甘デジスペックの台でも、400~500回転嵌ることもあります。マックススペックなどの1/400の台では、下手をすれば、1~2日間1回も当たらないことも起こります。


嵌りは辛いですが、毎回転当たる可能性は0ではありません。抽選を続ければ、じき当たるのです。パチスロではよくある話ですが、天井まで嵌りたいのに当たってしまうことがあります。そうです。嵌りも避けられませんが、当たりも避けられないのです。


パチンコは、人の運に左右されるものと思われていますが、1日に数千回も抽選が受けられるパチンコは、皆平等に大当たりを得ることができます。1枚300円もする宝くじなどと比べれば、かなり手軽に1抽選を10数玉で受けることができます。(1円パチンコであれば約10円くらいとなります)


また、確率もかなり当たり易くなっています。しかし、人が待てるほど早く当たることは少なく、数分で当たることもあれば、数時間当たらないこともあります。パチンコの抽選は一時的には偏りが起きますが、長期的には多少の誤差はあるものの、ほぼ平等な回数の大当たりを得ることができます。人の運、ヒキ等には影響が少ないものとなります。


テレビなどでパチンコライター(パチンコタレント)が、私は僕はヒキが強い、弱いと言っているのをよく聞きますが、それはカメラが回っている番組内のことであって、カメラが回っていないプライベートの実戦も含めれば、ヒキは皆平等で、1日に数千回以上抽選を受けられるパチンコにおいて、ヒキが強い人、弱い人は存在しないのです。


何故、パチンコの大当たりに偏りがあるか。それは確率分母が大き過ぎることにあります。大きければ大きいほど、1回転毎に大当たりになる確率が低くなり、大当たりを得られる回数は必然的に少なくなります。このことにより、日によって全く当たらなかったり、当たり過ぎたりすることになります。


この当たり過ぎたり、全く当たらない状態が、お店による当たりの誘導と思わせられ、今日は出しているまたは出していないと思ったりしてしまうのです。


しかし、これはお店による出玉操作ではなく、確率が起こしているものになります。出玉の状況のみに騙されてお店や台の選択をしないようにしてください。


次の記事へ

関連記事
パチンコ台は確率を収束しようとはしない
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2012.12.28 Fri l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿