スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは「打つ台がないときは打つな」です。

負け組の典型的な行動パターンは、せっかくパチンコ店に来たのだから何か打とうという行動にでることです。ある程度、パチンコの勝ち方を理解している人は、打つ台がない場合はそのお店を諦め、他の店へ移動するか。また、その日を諦めるかの行動にでます。

とにかく当たれば勝てると思っている人は、回ろうが回るまいが関係ありませんので、投資スピードが速いことにも気付かず。負けに向けて一直線に進んでいってしまいます。

たしかに低投資で当たり、その後、連荘すれば、その日は勝つことができます。しかし、そのような日は、ほとんどありません。理論上勝てない台は、当てても当てても投資を上回ることはほとんどなく、逆に理論上勝てる台は、大当たり消化後はプラス収支の状態になることが多くなります。

とりあえず打つ」この行動が多くの無駄玉を作る最大の原因となる行動となります。打つ根拠のない台には投資をしないようにしましょう。


関連記事
ボーダーラインについて
パチンコで勝つ為の基本
新台シミュレート
管理人のつぶやき

パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2014.06.06 Fri l 管理人のつぶやき l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿