スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは、「大当たり出玉を把握せよ!」です。

久しぶりの限定記事の更新となります。

回る台を打つことは大切なことですが、大当たり出玉がスペック通り取れていないと、いくらボーダーラインを越えて回っていても勝つことはできません。今回は、この大当たり出玉を把握する方法を説明します。


◇データカウンタを利用する
最近のホールのデータカウンタは優秀で、大当たり終了後に直前の大当たりの出玉数が表示されるようになっているものも少なくありません。確認出来る場合は必ず確認し、スペック通り出玉が取れているか確認するようにしましょう。


◇データカウンタに表示されない場合
この場合は、1回目の大当たりが終了し、電サポが終了したら、現在の持ち玉と投資金額を利用して、回転率計算ツールにて回転率を計算するようにしましょう。

このとき、現在の持ち玉を正確に把握できない場合は、ドル箱の区切りが良いところで計算すると良いでしょう。

こちらの計算方法の場合、実際に回っている回転率より低い場合は、スペック通り取れていないことが分かり、回転率が良い場合は、スペック以上の出玉が得られていることが確認できます。


出玉は優秀台であるか判断する為に、とても重要なポイントとなります。その日の打ち始めの1回目の当たり時に確認するクセを付けるようにしましょう。


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに へのリンク


2014.07.22 Tue l 限定公開 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿