スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>CRぱちんこ よしもとタウン ライトミドル

今回は、新台「CRぱちんこ よしもとタウン」の30日シミュレート結果をご紹介します。

CRぱちんこよしもとタウン スペック
(C)吉本興業 (C)KYHD (C)TBS, (C)KYORAKU
[京楽産業]


この新台は、吉本興業の芸人とのタイアップ機です。スペックはライトミドルです。メーカーは「京楽産業.」です。

この機種は、確変突入率40.5%、継続率77%となっています。最近の流行りのV確STタイプではなく、V確確変ループタイプとなっています。

ヘソ入賞での確変は、わずか40.5%しかありません。それに加え、ヘソ入賞では、突通を19%搭載しています。しかし、一度確変に突入できれば、77%の継続率と通常大当たり時にも出玉があるタイプとなっています。

よって、バトルタイプでもない、変則的な確変ループタイプとなります。一風変わったタイプではありますが、最近の主流のマックスSTよりもハードルが低く、甘デジでは物足りない方にはおすすめの機種となります。


1円パチンコ等価交換
250玉あたり21.0回転の台
6Rの出玉:540個
通常回転2500回転、実戦時間8時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

CRぱちんこよしもとタウン 30日 1円 21回転
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[20回転の場合][19回転の場合]

収支は131,785円のプラスです。(期待収支:106,906円)

期待収支を上回る良い結果となりました。

21回転あれば勝負になりそうです。1日単位の収支は、下は-17,370~上は30,643円となりました。勝率は約56%となっています。

一見、どこにでもあるライトミドルスペックの機種と思われがちですが、確変突入率を低くし、突入後の継続率を高めている為、かなり荒い機種となります。短時間実戦では相当荒い機種というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

もう一つの注目は、電チューの賞球数が1個となっている点です。同メーカーでは珍しく、電サポ中に玉を増やすことができず、ほぼ電サポ中に玉が減ってしまうタイプとなります。

それに加え、確変中の大当たり確率が1/90.4と甘デジ並みの確率となっており、通常の機種に比べ、電チュー、スルー周りの釘調整が非常に重要な機種となります。

玉が大幅に減る調整の場合は、今回のシミュレート結果のようにはなりません。必ず確認してから実戦に入るようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
貯玉再プレイはこれだけ得をする(CRぱちんこAKB48 パート1)
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ
新台シミュレートをご覧の方へ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:京楽・オッケー


2015.01.07 Wed l 京楽・オッケー l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿