スポンサーリンク
ブログ内検索
新台シミュレート一覧>CR真・花の慶次

今回は、新台「CR真・花の慶次 L3-K」の30日シミュレート結果をご紹介します。
CR真・花の慶次
(c)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央
[ニューギン]


この新台は、CR真・花の慶次。スペックはマックスです。メーカーは「ニューギン」です。

この機種は、花の慶次シリーズの最新作です。確変突入率55%のST120回転となっています。今回のスペックは、大当たり後は必ず電チューサポートが付くタイプとなりますが、傾寄RUSH(電サポありST)への突入率は55%となっており、モードに突入できない場合は、時短100回転(通常確率)となります。

スペック的には、牙狼タイプで、継続率を上げ、出玉を少なくしたタイプとなります。傾寄RUSHは、継続率約85%、16R比率70%と、大量出玉を得られるチャンスとなりますが、70%の振り分けが上手くヒットできない場合は、期待していたほどの出玉は得られにくいタイプとなります。

この仕組みが影響して、牙狼よりも安定し辛いタイプとなりますが、牙狼の継続率では物足りないという方には、お勧めの機種となります。

1円パチンコ等価交換
250玉あたり22回転の台
16Rの出玉:1840個
総回転2500回転、実戦時間8時間の条件です。
(投資上限はなしでシミュレートしています)

CR真・花の慶次 30日 1円 22回転
※収支表が表示されない場合は再読み込みをしてください。
[21回転の場合][20回転の場合]

収支は120,803円のプラスです。(期待収支:165,318円)

期待収支には届かなかったものの良い結果となりました。

22回転あれば勝負になりそうです。1日単位の収支は、下は-26,463~上は45,610円となりました。マックススペックならではの大勝時、大敗時の差が激しい結果となりました。勝率は約60%となっています。

また、今回は電チュー賞球が3個となっています。電サポ中に玉を増やせる可能性がある機種となります。

そして、この機種は全ての大当たり後に必ず電チューサポートが付く機種となります。スルー、電チュー周りの調整が重要となります。打つ前に必ず確認するようにしましょう。


オススメ記事
勝ち方を知らない人はこのことを理解していない - ボーダーラインについて
マックススペックの1年間稼働結果の例
新台シミュレート一覧へ
勝つ為の基本の記事一覧へ


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに
メーカー:ニューギン・EXCITE


2015.01.30 Fri l ニューギン・EXCITE l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿