スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは「マックススペックがなくなる」です。

2015年10月31日以降は、現行の1/400の台を導入できなくなります。出玉スピードの規制により、今のようなALL2000発、77%継続率のような台は新台としてホールに導入できなくなります。

ユーザー側からすると、極端な投資が必要なくなり、まったりゆっくりと打ちたい人には良いことかもしれません。しかし、ギャンブル好きの人からすれば刺激が足りなく、物足りないものとなってしまうかもしれません。

これによる発生する問題とは・・・
◆お店側
・ギャンブル好きのユーザーには物足りない台のみとなってしまう。
・大半が1回でも当たればというギャンブラーがマックススペックを打ってくれることにより儲けが維持できていたが、それらのユーザー数が減ることにより売り上げが減少する恐れがある。
・投資スピードがゆるやかになる為、儲けられるスピードもゆるやかになってしまう。

◆打ち手側
・1/320が上限となり、当たり易くなる代わりに継続率、出玉スピードがゆるやかになってしまう。
・ギャンブラーが負けてくれるおかげで還元されていた出玉が少なくなる可能性がある。(お店の釘調整がきびしくなる)

等の問題が発生する可能性があります。とは言っても、10月31日までに導入できた台の検定が切れるまで(導入から3年間)は稼働できるので今すぐには影響はないと思われます。

本当に問題になるのは、現マックススペックがすべて稼働できなくなる時期かなと思われます。まあ、今までもころころ規制を替えてきているので、それまでにもまた変更があるかもしれません。


関連記事
管理人のつぶやき
先月の人気記事ランキング

パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2015.05.26 Tue l 管理人のつぶやき l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿