スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは「新基準機は避けろ」です。


2016年5月下旬導入開始のスペックは良く吟味して立ち向かう必要があります。単純に継続率が低いだけでなく、ボーダーラインも辛く非常に勝負しにくい台が多くなっています。


ボーダーラインが辛いとどうなる

辛い場合、1回転の重みが軽く、たとえボーダーラインを上回っていたとしても、中々結果が出難い傾向があります。しかも、今回の新基準機はスペックボーダーが「20回転」を超える台が多く、非常に困難を極めるタイプの機種となります。


旧基準機を狙え

今は新台に飛びつかず、旧基準機でボーダーライン「18回転」未満の機種を狙いましょう。そうすることだけで、勝率は確実に上がります。しかし、ボーダーラインが甘いからといって、ボーダーラインそこそこの台を狙っても中々結果がでません。しっかりと「+3回転」くらいある台を狙いましょう。


今しばらくは、この作戦で乗り切りましょう。検討を祈る!


関連記事
回る台を打つ
勝つ為に必要な6項目
管理人のつぶやき
先月の人気記事ランキング


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2016.06.10 Fri l 管理人のつぶやき l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿