スポンサーリンク
ブログ内検索
最近元気のない京楽さんですが、久々にヒットの予感がする「必殺仕事人シリーズ」の最新作です。

スペック的には、必殺仕事人3の復刻版的な機種となります。現行の規制範囲内での機種となる為、多少のスペックダウンが見られますが、十分戦えそうなスペックとなります。


特徴

1.出玉あり大当たりが全て15R(約1,470個)
2.通常大当たり後に時短100回転が付く
3.大当たり確率が約1/309.1である為、時短中の大当たりも十分に期待できる。
4.確変大当たり後は次回大当たりまで小当たりRUSHに突入し、電サポ中にが増える。


以上の特徴がある本機ですが、大当たり出玉が一定している為、最近の台にありがちな出玉の少ない当たりに偏ることが発生しない為、安定した出玉が得られます。その反面、急激な出玉増加は得られない面がありますが、1回当たれば、暫くは追加投資せずに遊ぶことができます。

また、電サポ中に出玉が減るタイプの機種が多い中、確変中に限りますが、出玉が減る心配がなく、出玉の少なさを補うことができます。

ホールの人気機種となれば、十分に勝負できる調整に出会える可能性大です。ホールの動向を見て、積極的に狙っていきましょう。


簡単攻略

導入間もない状況ですが、簡単な攻略が見つかりました。常勝できる攻略ではありませんが実践することで無駄玉を大幅に減らすことができる攻略です。

・小当たりRUSH(斬RUSH)中にリーチがかかったら打ち出しをストップする。
・チャンスタイム中にリーチがかかったら打ち出しをストップする。

本機種は、電サポ中、電チュー賞球が1個となるタイプです。電サポ中はテクニックを駆使しても、出玉が増やせないタイプとなります。また、斬RUSH中であっても、リーチ中は小当たりが発生しません。確変中、時短中にかかわらず、リーチがかかったら打ち出しをストップする。このことを忘れずに実戦に臨むようにしましょう。


関連記事
回る台を打つ
勝つ為に必要な6項目
管理人のつぶやき
先月の人気記事ランキング


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2017.05.29 Mon l 管理人のつぶやき l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿