スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは「パチンコの終焉」です。


2018年2月、かなり厳しい規制がかかります。パチンコの終焉と噂される規制は以下の通りです。

1.大当たり1回の出玉を2,400玉から1,500玉
2.4時間の最大のもうけを5万円以下に
3.大当たり確率の上限を1/299に、時短を含め65%以下の継続率に
4.封入式パチンコの導入(釘を一切触れない仕様に)
5.設定の導入(6段階)


全てが適用されれば

当ブログの攻略は通用しなくなります。ネットにてかき集めた情報の為、全て適用されるかはまだ未知数ですが、間違いなく1~3までは適用されるかと思われます。


当ブログの攻略を継続して利用すると

多少、有利にはなりますが、トータル的に勝てるかというと・・・?という状況になります。


特に問題になる部分4と5です

パチンコの最大の利点は、遊戯する前に釘が見れ、回りそうか否かを判断できる点にあります。釘が触れず、設定により出玉を調整するということは、釘を見る意味がなくなります。

攻略法は、スロットのように店の設定師のくせを読むという方法に変更となります。今までのように数字をしっかりと見極めれば期待値が得られるということはなく、多少、運任せ的な部分が大きくなります。

また、パチンコは、スロットのように1日8,000~9,000ゲームの抽選はできませんので、大当たり確率のデータなどでは、設定をほぼ判断できないでしょう。


今年中に出る新台

滑り込みで規制すれすれの甘い機種がでる可能性もあります。スペックを見極めて対応すれば、思わぬお宝機種に出会えるかもしれません。

それとは逆に、恐ろしく辛い機種もあります。既にどんなに頑張っても勝ちにくい機種も発売されています。きちんとスペックを把握して立ち回るようにしましょう。


明るい話はなかなかありませんが

1~3までであれば、十分に勝負できます。具体的な情報が流れてきたら、またお知らせします。それではまた。


関連記事
回る台を打つ
勝つ為に必要な6項目
管理人のつぶやき
先月の人気記事ランキング


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2017.07.24 Mon l 管理人のつぶやき l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿