スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>回る台を打つ その5(実戦途中編)

今回は実戦途中に役に立つ簡単回転率計算法を紹介します。

1.1円パチンコ編

1円パチンコの場合は、お店によって、玉貸ボタン1回で200円または500円分の玉が貸し出されることが一般的です。これを4円換算で千円当たりの回転数として計算する方法を説明します。

200円の場合
200玉貸し出されますので、この玉で回せた回転数をもとに千円当たりの回転数を求めてみましょう。

回せた回転数÷0.8=千円当たりの回転数 となります。

500円の場合
回せた回転数÷2=千円当たりの回転数 となります。


2.2円パチンコ編

2円パチンコの場合は、だいたい玉貸ボタン1回で500円分の玉が貸し出されます。2円パチンコの場合は単純でこの500円で回せた回転数が4円パチンコの千円あたりの回転数となります。


3.持ち玉編

厳密に計算する場合は前回説明した方法となりますが、簡易的に計算する方法を説明します。

京楽産業.の仕事人Ⅳ以降の台枠の場合
上皿に平らに隙間なく玉を乗せるとだいたい4円パチンコの500円分の玉(125玉)となります。これを利用して、2回分の合計値が千円あたりの回転数となります。

1箱判別
お店の1箱に入る玉数が分かる場合はこの玉数を利用して計算します。
 1箱で回った回転数÷(1箱あたりの玉数÷250)
  =千円当たりの回転数

例 1500玉の場合で120回転回った場合
 120÷(1500÷250)=20
 千円当たり20回転となります。


このようにマメに台の回転率を把握して実戦するようにしましょう。回るかなと思った台は、極端に回らないなどがない場合は1000玉くらいは試し打ちして判断してみましょう。回りムラがない台の方が稀ですから、そこは地道に打ってみてください。


次の記事へ
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


関連記事
回る台でも勝てないと思っている方へ
回らないことで損をした金額
回る台を打つ その1
回る台を打つ その2(準備編)
回る台を打つ その3(実戦データ編)
回る台を打つ その4(計算編)

パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2013.01.04 Fri l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿