スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>>詐欺情報を信用させる為の手口

今回の記事のタイトルは、詐欺情報を信用させる為の手口です。


人は、証拠書類があると、簡単に信用してしまうことが多いです。パチンコ攻略詐欺では、人を信用させる為に、以下の情報を掲示することが多いです。

・パチンコで勝った証拠(レシート、ドル箱の写真など)
・商標登録(攻略法の名前が商標登録されている)
・攻略法を目で確認させる



パチンコで勝った証拠

レシートは、日付も表示されており、一見信用できるように思われますが、実際にその人のレシートなのかは、調べようがありません。大型店であれば、一人や二人は大爆発する人がいます。その人が玉を流したときに、写真を撮らせて貰うことでも可能です。

ドル箱の写真は、おわかりだと思いますが、パチンコ店へ行けば、簡単に撮ることができます。

また、このようなレシートを作るのは、意外と簡単です。ある程度の期間、貯玉を下さずに貯めていきます。貯める為に現金で打ち続けます。10万発以上貯まったら、そのあとパチンコを打ちに行き、貯玉再プレイでプレイします。このとき、大当たりをしても箱に入った持ち玉は使わずに、貯玉でプレイし続けます。

丸1日打って、終わった後に玉を流せば、最悪でも2万発以上のレシートは、数日間作成可能です。(ポイントはマックス、甘デジスペックを打たなければ可能です)

ちょっと大変なようですが、1つ数万円もする情報が売れるのであれば、このような手間は必要経費でしょう。

中には本物のレシートもあると思いますが、レシートの表示のみで信用しないようにしましょう。


商標登録

えらく大層な感じですが、過去に同等の種類ものが登録されていなければ、申請料金2万1千円を払えば、登録が可能です。登録されたから、特許庁がその攻略法の効果を承認した訳ではありません。特許庁が効果を認めたものは特許です。商標登録はあくまでも名前です。こんなことで攻略法を信じてはいけません。


攻略法を目で確認させる

この手の方法で説明するものは、大当たり直撃打法などの類のものです。パチンコ店ではなく、事務所などにあるデモ機で説明された動画、もしくは攻略法会社の事務所へ直接呼んで、デモ機で手順を説明し、大当たりすることを確認させるものです。このデモ機、実際のパチンコ店におかれている台と同じではなく、改造された台となります。よって、このデモ機でしかこの攻略法は上手くいかないのです。この手の攻略はありえませんので注意してください。



私が説明している方法は、効率的には思えないかもしれません。ただ、パチンコで勝つ為には、この方法が最良の方法であると自身を持って言えます。

当ブログを読んでいる人が、この方法では勝てないと思うなら、パチンコを辞めることのをおすすめします。何故なら、違う方法を選択することで確実に負債が増えてしまうからです。それでもこの方法以外で続けたいなら、お小遣いの範囲内でパチンコをギャンブルとして楽しんでください。けっして、勝とうとは思わないでください。


次の記事へ
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2013.09.20 Fri l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿