スポンサーリンク
ブログ内検索
今回の記事のタイトルは、「勝てる台を選択するコツ」です。


勝てる台を選択する為には、釘が読めることが必要ではありますが、その前にできることがあります。今回はその事柄について説明します。


スペックを確認する
ボーダーラインが甘い台を選択する方が良いということになります。等価ボーダー18回以下の台を狙うようにしましょう。これ以上辛い台だと、かなり回らないと結果が出ないことが多いです。このラインを基準に台を選択するようにしましょう。


電チューの賞球数を確認する
スペック情報の中に、1&3&10&13のような表示があるかと思います。一番小さい数字が、だいたい電チューの賞球数であることが多いです。この値が以上の台の場合、確変時短中に玉を増やすことができる可能性があります。

それ以下の賞球の台は、玉が減るか、止め打ちをしても現状維持が限界となります。よって、打ち方を工夫してもボーダーラインを甘くすることができません。もともとのボーダーラインが甘い台なら良いですが、そうでもない場合は、非常に辛い闘いとなります。その辺にも注目して台を選択するようにしましょう。

ただし、最近の「大一」の台は、電チュー賞球が個ではありますが、加速装置という機能により、ほぼ玉が減らずに高速に消化できるものもあります。このような台は、攻略要素は少なくなりますが、回れば単純に勝ちやすくなります。大一の台を打つ場合は、スルーの調整より、アタッカーの調整を優先してみるようにしましょう。


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに へのリンク


2013.10.03 Thu l 限定公開 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿