スポンサーリンク
ブログ内検索
パチンコで勝つ為の基本>>パチンコ台は確率を収束しようとはしない

今回の記事のタイトルは、「パチンコ台は確率を収束しようとはしない」です。



この言葉を聞いて、それならどうやったら確率が収束するんだ!と思う人がいるかもしれません。


しかし、これは事実です。「完全確率」の記事でも書いていますが、パチンコ台は、常に同じ確率で抽選を続けています。その為、回せば回すほど当たり易くはならず、異常に感じるくらい嵌ることもあるのです。


一般の人は、そんなことはない「ハマリにハマった台はこのあと爆発する」などとよく言っているのを耳にしますが、そこにはなんの根拠もありません。たまたま連荘したことがあるという僅かな事実に振り回されているのです。


ハマり台を狙う、調子の良い台を狙う。このような行動も全くの無意味な行動となります。台の選択の根拠にはなりませんので絶対にこのような行動は起こさないようにしましょう。


完全確率の仕組みは、理解するというより、極端に言うと、数学の公式「三角形の面積」は、底辺×高さ÷2であるのと同じで、なぜそうなるのかを考えるより、そういうものであると覚えておく程度で考えた方がいいかもしれません。


パチンコ台は、同じ確率で抽選を続けている為に、当たりの調子が良い場合も、確率が当たりにくくならない為に当たり続けることがありますが、その逆に、当たらないで1,000回転以上嵌っていても、当たり易くならない為にその後も当たらず、2,000回転まで嵌ることもあります。


この当たり易く当たりにくくもならないことが、大当たりの波を作っています。また、最近の台はヘソ保留と電チュー保留の大当たり出玉の振り分けが大きく異なり、連荘できたときは極端に多くの出玉を得られますが、初当たりが多くても、連荘できなければ少ない出玉しか得られないようになっています。このもう一つの出玉の波を利用して、さらに確率を収束し辛くしています。



なぜ、メーカーはここまでのことをしているのか?

それは、勝つ為に必要なボーダーラインで勝てることを一般の人に認識させない為です。そう、この方法で勝てることが一般的になると、パチンコ店が困るからです。このことが一般的になると、回らない台は試し打ち程度しかされず、ほとんど稼働しなくなってしまう問題がでます。これを阻止する為にメーカーが編み出した方法が、今現在の台のスペックとなります。


このことにより、大勝、大敗が起こるようになっています。しかし、回る台で出玉を確実にとるようにできれば、多少の期間はかかりますが、昔の台のように勝つことは可能です。


確率の収束など待っていられない。地道にできないという方は、残念ながら当ブログのパチンコ攻略法はおすすめできません。このことは、パチンコを勝つ方法を習得する為には避けては通れない項目となります。どうしても勝ちたいなら辛抱強くパチンコに取り組むようにしましょう。


次の記事へ

関連記事
完全確率とは
ボーダーライン
勝つ為の基本の記事一覧へ戻る


パチンコで勝つ方法(1/2円) はじめに


2013.10.13 Sun l パチンコで勝つ為の基本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿